サイトメニュー

お金を請求する場合など

診察

遡及請求や社労士に申請する方法

いぼ治療といっても様々な種類がありますが、非常に大きなものやかなりひどい状態のものに関しては、それが原因で働けなくなる恐れがあります。例えば、自分の顔にたくさんのいぼができてしまうと、なかなか外を歩くこともできなくなるでしょう。当然会社で働いていた人も仕事を休まざるをえないこともあります。特に、接客業の場合には会社に行きにくいだけでなく、何となくほかの人の目線を意識してしまい、集中して仕事がしにくくなります。このような場合には、会社に行くことができませんので障害年金を受け取ることができる場合もあるでしょう。障害年金を受け取る場合には、遡及請求をすることができる可能性があります。遡及請求とは、申請した時からさかのぼってお金を請求できる権利です。例えば、治療し始めたのが1年前だとします。ですが、ようやく現在になり申請しようと考えた場合には、1年前にさかのぼることができるわけです。そもそも1年前の段階から兆候は見ていたわけですので、その段階からさかのぼってお金をもらうことは可能です。もちろんその間、会社を休むなどの事情があることが必要です。

いぼ治療をするにあたり、お金が必要になりますが、この場合は障害年金から出すことも可能でしょう。ただ、障害年金を申請した場合に通らなければ意味がありません。そこで、書類を書いてもらう必要があります。そのうちの一つがいぼに関する診断書です。これは、治療する際に医者に申請お願いすれば書いてくれます。基本的に渋る医者もいますが基本的に患者から依頼があれば書くことが義務になっていますので、必要性を述べれば書いてくれることがほとんどになるでしょう。後は、社労士にお願いをして書類を書いてもらってもよいです。社労士に申請を依頼する方法は、まず社労士事務所に電話をしてその社労士が障害年金の申請に詳しいことを確認する必要があります。最近は、インターネット上でホームページを作っており、そのホームページを確認すればその社労士がはたして障害年金に詳しいかどうかがわかります。社労士も、さまざまな仕事がある中でそれぞれ専門を持っていますので、すべての社労士が障害年金に詳しいわけではりません。詳しくない人に依頼してしまうと、申請が通らない可能性があるため要注意です。

Copyright© 2019 炭酸ガスレーザーやレーザーの場合は、保険適用外です All Rights Reserved.