サイトメニュー

早期に悩みを解消するなら

カウンセリング

どのタイプかを見極めよう

肌トラブルにも色々な種類がありますが、いぼも多くの人が悩んでいる症状です。特に痛みやかゆみなどがないことも多く、放置していても命に関わるものではありませんが、見た目が悪くなることもあり気にしている人は少なくありません。平らなシミとは違い、盛り上がりもあるのでコンシーラーなどでも隠すのは困難です。それゆえ、なめらかなきれいな肌を取り戻すために治療を受ける人も多くなっています。治療を受けることにより短期間で悩みが解消され、悪化を防ぐ効果が期待できます。いぼの治療は皮膚科で行われていますが、まずはどのようなタイプであるかも知っておきましょう。手の指や足の裏などにできるものはウイルス性のものが多く、首や顔、腕などにできるものは加齢性や紫外線の影響によるものが多くなっています。さらに、子供に多くみられるものに、感染力の強い水いぼがあり、これはプールなどで感染することが多くなっています。タイプによっても合う治療方法は変わってきますので、まずは医療機関でどのタイプであるかを判断してもらいましょう。

いぼ治療にも様々な方法がありますので、それぞれに合う施術で改善を目指したいところです。特に急がない、時間をかけてゆっくりと悩みを解消したいという場合は内服薬による治療があげられます。即効性があるわけではありませんが根気よく続けることで良い改善が期待できます。この場合はヨクイニンが処方されることが多くなっています。より早く改善させる治療としては、液体窒素による凝固法や炭酸ガスレーザーによる治療があげられます。炭酸ガスレーザーはほくろや、盛り上がりのあるシミにも活用されている治療方法です。高エネルギーをピンポイントで照射できるので、肌への負担も最小限に抑えられます。さらに、レーザー照射後は周囲の血管もすぐに固まるのでメスで切除するよりも出血が抑えられるのもメリットです。小さないぼの場合は麻酔を使わずに照射することもありますが、痛みに弱いという人は相談しておくとより安心です。レーザー照射のあとは紫外線の影響も受けやすくなっていますので、紫外線対策はきちんと行いましょう。

Copyright© 2019 炭酸ガスレーザーやレーザーの場合は、保険適用外です All Rights Reserved.